【DeNA週間③筒香嘉智と横浜スタジアム】レイズ移籍決定 通算121発の無人スタンドへ祝砲

メジャーで奮闘中の筒香嘉智外野手。心技体を磨き上げたのはもちろん、横浜スタジアムです。感性豊かな強打者が、レイズ移籍決定後に取った意外な行動とは―。(2020年7月26日掲載。所属、年齢などは当時)

傑作選

為田聡史

★♪よ~こ~は~まの そ~らたかく~

筒香が横浜スタジアムで決意の“サヨナラアーチ”を連発した。

日本球界がキャンプインした直後の2月6日。静まりかえる古巣の本拠地で快音が鳴り響いた。

「こんなにぜいたくな練習場はないです。格別ですし、最高に気持ちよかったです」

【筒香サヨナラ①】ハマスタのサヨナラ本塁打は4本。通称「筒香アングル」からの1枚=2016年6月4日ロッテ戦

【筒香サヨナラ①】ハマスタのサヨナラ本塁打は4本。通称「筒香アングル」からの1枚=2016年6月4日ロッテ戦

◆筒香嘉智(つつごう・よしとも)1991年(平3)11月26日、和歌山・橋本市生まれ。横浜高では1年生から4番を任され、2年春夏に甲子園出場。高校通算69本塁打。09年ドラフト1位で横浜入団。14年から6年連続20本塁打以上を放ち、16年には自己最多44本塁打、110打点を挙げ本塁打王と打点王に輝いた。ベストナイン3度。15年プレミア12、17年WBC日本代表。19年オフにポスティングシステムを利用し、レイズと2年総額1200万ドル(約13億2000万円)で契約。ドジャースへの移籍を経て、現在はパイレーツに所属。185センチ、102キロ。右投げ左打ち。

【筒香サヨナラ②】延長12回に巨人山口鉄也を沈める。ボルテージが違う=2016年7月22日

【筒香サヨナラ②】延長12回に巨人山口鉄也を沈める。ボルテージが違う=2016年7月22日

気温3度と冷え込む中、貸し切りでナイター練習を敢行した。

例年ならキャンプ序盤に強振することはない。

今季からメジャー挑戦する「元ハマの主砲」が、この日は20発以上のアーチを無人のスタンドに放り込んだ。

「高校から横浜に来て、プロに入ってからも横浜で育ててもらった。僕にとってやっぱり特別な場所です」

【筒香サヨナラ③】夏場の巨人戦にめっぽう強かった。左中間席へ深々と=2017年7月23日

【筒香サヨナラ③】夏場の巨人戦にめっぽう強かった。左中間席へ深々と=2017年7月23日

白い息を吐きながら練習パートナーと2人きりで一心不乱に振り込んだ。

一時帰国、再渡米を経て、ようやくたどり着いたメジャー開幕。

「力任せにハンマーを振り回すのではなく、日本刀のように。簡単には斬れない。とてつもなく重い」と侍の精神で海を渡った。

デビューから3打席目で放った逆方向への巧みな1発。Made in YOKOHAMAの誇りを胸にメジャー1号を刻んだ。

【筒香サヨナラ④】延長10回の幕引き。脇腹が肉離れするんじゃと心配するほどの歓喜=2019年9月4日、阪神戦

【筒香サヨナラ④】延長10回の幕引き。脇腹が肉離れするんじゃと心配するほどの歓喜=2019年9月4日、阪神戦