卓球の世界選手権団体戦で5大会連続の銀メダルとなった日本女子と8強だった日本男子代表が26日、都内で帰国会見を開いた。

日本女子(世界ランキング2位)は中国(同1位)との決勝で、エース早田ひな(23=日本生命)、平野美宇(23=木下グループ)が勝利。53年ぶりの世界一まであと1歩と迫ったが、2-3で敗れた。

今大会で注目されたのが、ベンチの伊藤美誠(23=スターツ)が熱心にアドバイスを送る姿。2試合の出場にとどまった中、献身的にサポートに徹していた。

助言を受けた同学年の平野は「いつもベンチに帰ったら木原選手と伊藤選手が応援してくれて、木原選手は常に笑顔で応援してくれて、伊藤選手は冷静にアドバイスを送っていただいた。最後まで自信を持って戦えた。伊藤選手は同い年ですけれど、本当に世界の女子の中でもトップ級に頭の回転が速い選手。見習うことが多いですし、今回は意見を聞いて、最後まで中国選手と戦えたと思っています」と感謝した。

ベンチで一緒に見守った木原美悠(19=木下グループ)は「私は自分の意見を言うことが苦手なので、そういうことはあまりできない。伊藤選手の姿を見て、試合を見る力、分析する力が本当にすごいなと一番感じました」と自身の学びとしていた。