日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 陸上
  4. ニュース

  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 日本記録
  5. 主な大会日程
  6. コラム

尾崎「優勝しか考えなかった」/マラソン

ガッツポーズで勝利のゴールテープを切る尾崎(撮影・山崎安昭)
ガッツポーズで勝利のゴールテープを切る尾崎(撮影・山崎安昭)

<横浜国際女子マラソン>◇20日◇横浜市山下公園発着(42・195キロ)

 尾崎好美(29=第一生命)が2時間23分56秒で優勝し、8月の世界陸上代表(韓国・大邱)に内定した。レースは終盤、尾崎、中里麗美(22=ダイハツ)、永尾薫(21=ユニバーサルエンターテインメント)、マリサ・バロス(30=ポルトガル)が先頭集団で争う展開。35キロ過ぎで永尾が脱落し、3人に絞られた。そして、残り3キロで尾崎が一気にスパート。世界陸上内定標準記録の2時間25分59秒を2分余り下回る好記録で、内定第1号となった。

 ◆優勝した尾崎の話 優勝しか考えてなかった。結果的にいい記録が出て、世界選手権にも内定して良かった。最後(のスパート)は少し余裕をもって行けた。もう1度世界陸上でメダルを取りたい。

 【上位記録】

 1位 尾崎好美(第一生命) 2時間23分56秒

 2位 中里麗美(ダイハツ) 2時間24分29秒

 3位 マリサ・バロス(ポルトガル) 2時間25分4秒

 <主催>日本陸上競技連盟、朝日新聞社、日本テレビ放送網<特別後援>読売新聞社<後援>横浜市、日刊スポーツ新聞社ほか<特別協賛>武田薬品工業

 [2011年2月20日17時7分]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

尾崎好美



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 陸上
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです