日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

中本モスクワで「やり返す」/マラソン

川内に続き2位でゴールした中本は悔しそうな表情を見せる(撮影・多田篤)
川内に続き2位でゴールした中本は悔しそうな表情を見せる(撮影・多田篤)

<別府大分毎日マラソン>◇3日◇大分市高崎山うみたまご前-大分市営陸上競技場(42・195キロ)

 ロンドン五輪で日本選手最上位6位入賞の中本健太郎(30=安川電機)が、歴史的マッチレースの敗者となった。公務員ランナー川内優輝(25=埼玉県庁)の仕掛けに食い下がり、前に出て引っ張るが引き離せない。勝負の40キロ過ぎ、川内のラストスパートにつけず撃沈された。

 「40キロ過ぎのスパートに反応できなかった。(川内との)直接対決で負けたのは悔しい」。五輪代表3番目の座を争ったのも川内。最後は滑り込んだ形だが、五輪本番で好結果を残した自信とプライドがあった。「40キロ過ぎに仕掛けて勝つイメージを持っていたが、逆にやられてしまった」。自己ベスト更新も、ラスト勝負で負けた悔しさが晴れない。

 五輪後、気持ちをもう1度レースに向けることに苦労した。「目標を考えたとき、マラソンを1本走りたいと思った」。今大会に照準を絞り、本格的な練習を始めたのが昨年10月から。万全ではない中で好勝負を演じたが、勝負に負けた悔しさだけが残る。

 2位でも、8月のモスクワ世界選手権代表の有力候補に残った。「モスクワに選ばれるか分からない状況だが、このままでは悔しい。今後(川内と走る)機会があればやり返したい」。大分の敵はモスクワで。中本に新たな目標が生まれた。【実藤健一】

 [2013年2月4日8時57分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞