日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

勝利の女神!川内母「半べそ」/マラソン

母美加さん(右)の祝福に笑顔を見せる優勝した川内(撮影・多田篤)
母美加さん(右)の祝福に笑顔を見せる優勝した川内(撮影・多田篤)

<別府大分毎日マラソン>◇3日◇大分市高崎山うみたまご前-大分市営陸上競技場(42・195キロ)

 公務員ランナー川内優輝(25=埼玉県庁)が、28キロからマッチレースを展開した12年ロンドン五輪6位入賞の中本健太郎(30=安川電機)を40キロ過ぎで振り切り、自己ベストを22秒更新する2時間8分15秒で激走、初マラソンの地で7度目の優勝をマークした。

 予感があったのか。母美加さんは、決着がついた弁天大橋で川内の走りを「心臓に悪く、祈るように半べそ状態で」見守った。付き添いは10回に1回ぐらいというが前回は、これも優勝した昨夏の北海道。前日は監督らが集まるテクニカルミーティングにも出席した“勝利の女神”は「福岡より体重を落としたのが良かったのでしょう。高校時代はケガが多かったのですが、今は無理ならスパッとやめる」と話した。

 先月のエジプト国際マラソン出発時の「パスポート忘れ」の一件も笑いながら振り返る。「ドジですね。家でも自分の言いたいことをバーッと言うだけ言って、家族に迷惑ばかりかけて」。型破りな川内を包みこむ母の懐は、どこまでも深かった。

 [2013年2月4日8時57分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞