日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 実業団女子駅伝
  5. ニューイヤー駅伝
  6. 高校駅伝
  1. 箱根駅伝
  2. 往路速報
  3. 復路速報
  4. 成績
  5. 出場校
  6. ニュース
  7. 歴代V
  8. コース
  9. 選手一覧

駒大V 3冠王手/駅伝

4区で、東洋大・田口(奥)を突き放しトップに立つ駒大・村山
4区で、東洋大・田口(奥)を突き放しトップに立つ駒大・村山

<陸上:全日本大学駅伝>◇3日◇愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮(8区間106・8キロ)

 圧倒的な強さで駒大が3連覇を果たした。スタートで1区の中村匠吾(3年)がライバル東洋大に32秒差をつけ、抜かれた後の4区で今度は村山謙太(3年)が、盤石の1分33秒差をつける再逆転で勝負あり。10月の出雲と同じく、3年生コンビの活躍で5時間13分9秒でフィニッシュ。日体大に並ぶ最多11度目の優勝を決め、史上4校目の年度3冠に王手をかけた。

 「窪田を上げろ!」。歓喜のゴールテープを切った主将の窪田を、大八木監督は胴上げ選手に指名した。5時間13分15秒のレースを想定し、誤差はわずか6秒。緻密な戦略で3連覇を果たしたそんな指揮官でも、誤算はあった。「村山があそこまで走るとは…。本当に強かった」。

 出雲に続き村山が独走態勢を盤石にした。東洋大と10秒差でスタートすると、3キロ付近で一気に突き放した。「もう破られない」とまでいわれた山梨学院大のモグスが持つ記録を8秒更新する区間新。「内心は39分台もあったけど設定は40分40秒。まさかモグスさんの記録を更新なんてビックリです」と目を丸くした。

 5月に股関節を故障。今年の箱根駅伝5区を走った後のレース過多も要因だ。迷路にはまった時に「自分は足にバネをためて走るタイプ」と思い直す。疲労を抜くなど体のケアを覚え、大八木監督からは調整法を助言された。先月の箱根駅伝予選会では双子の弟紘太(城西大)が日本人1位。「2人で箱根2区で走る」夢も近づく。もう1人の同学年生も刺激だ。

 「お互いライバル。負けられない」と村山が言うのが、1区で区間賞の中村だ。満を持して送り出された東洋大・設楽悠を12キロ付近で一気に突き放す。「自分も緊張で1年の時に失敗した。高校の後輩(で2区のルーキー西山)に楽な気持ちでたすきを渡したかった」と先輩の自覚を示した。

 中村が独走態勢の口火を切り、村山で盤石にする。Vパターンは確立され、史上4校目の年度3冠に王手をかけた。出雲、全日本で区間賞獲得の2人には、箱根で史上11人(14回)目の“個人年度3冠”の期待も高まる。「謙太はいつも区間新で負けている感じ。いいライバル関係でいたい」と中村。「うぬぼれてはいけない」と自らを諭す村山も走りに磨きをかければ、チーム&個人の「ダブル3冠」も夢ではない。【渡辺佳彦】

 [2013年11月4日9時25分 紙面から]

PR情報








日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞