日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムのスポーツページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース
  4. 日程&結果
  5. 日本代表
  6. 記録
  7. 大会ヒストリー
  8. 応援メッセージ

入江銀「幻の世界記録」更新も/世界水泳

ガッツポーズするピアソルの後ろで、静かに掲示板を見つめる入江(AP)
ガッツポーズするピアソルの後ろで、静かに掲示板を見つめる入江(AP)

<水泳世界選手権:競泳>◇7月31日◇イタリア・ローマ

 【ローマ=高田文太】競泳男子200メートル背泳ぎ決勝で、入江陵介(19=近大)が1分52秒51の日本新記録で、銀メダルを獲得した。従来の世界記録1分53秒08を上回り、日豪対抗で出した「幻の世界記録」1分52秒86も更新したが、驚異的な世界記録1分51秒92を出したアーロン・ピアソル(米国)に屈した。五輪、世界選手権を通じて初めて表彰台に立った経験を生かし、今後は大舞台での勝負強さを身につけて、3年後のロンドン五輪で頂点を狙う。

 ピアソルが持つ従来の世界記録を破る1分52秒51をたたき出したが、入江は負けた。「自己ベストはうれしいけど、やっぱり一枚上手がいた」。隣の4コースでは、ピアソルが1分51秒92の驚異的な世界記録をマークし、喜びを爆発させた。入江はコースロープにもたれながら、ぼうぜんとそれを見つめた。

 前半の100メートルをピアソル、ロクテに続いて3位で折り返した。得意の後半で追い上げるパターンが、150メートルではやや差が開いた。「少しピアソルに離されてしまった。攻めきれなかったかな」。最後の50メートルでようやく持ち前のラストスパートも、ロクテを抜くのが精いっぱい。ピアソルには届かなかった。

 五輪、世界選手権を通じて初めてのメダル獲得も、金色でなければ素直に喜べない。「メダルを取れてホッとしている」と言った後、「表彰台の一番高いところから(みんなを)見たかった」とすぐに悔しさがあふれた。12年ロンドン五輪のエースと期待された19歳が抱えた重圧は、計り知れなかった。

 古賀淳也の金メダルに沸いた陰で、4位に終わった100メートルは悔しくて仕方なかった。珍しくぶぜんとした態度で、ずっと遠くの一点を見つめいた。この日のレース後、「100メートルの古賀さんが1位を取ったので、自分もセンターポールに日の丸を、と思っていた」と思いを明かした。

 技術は文句なしだった。ライバルのピアソルも「僕が見た中で一番美しい背泳ぎだ」と絶賛したほど。水をとらえる技術が向上し、ストローク数は減った。バサロキックも、北京五輪時より体半分以上深く潜るようになり、課題だったスタートやターン時の出遅れが減った。敗れた100メートルも、フォームが崩れることを懸念した道浦コーチの「200メートルのための100メートル」という方針に従い、大きな泳ぎに徹した。事実上200メートル1本にかけていた。

 5月の日豪対抗で、当時の世界記録を1秒08と大幅に上回る驚異的なタイムをマークした。だが水着問題で6月に世界記録に公認されないと決まった。その間は「精神的にまいって練習できなかった時期が1週間続いた」という。その悔しさをぶつけ、「幻の世界記録」1分52秒86も上回った。それでも世界王者にはなれなかった。

 本当の勝負はロンドン五輪だ。「悔いなく最後まで泳ぎ切った」。複雑な表情を浮かべた日本のエースだが、この日、隣で感じた表彰台の中央への思いが、再出発につながるはずだ。

 [2009年8月1日8時58分 紙面から]


関連ニュース


このニュースには全0件の日記があります。


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは











日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. スポーツ
  3. 世界水泳2009

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです