「なんで逆方向に打ったりせなあかんの…」日韓の野球観を受け入れた京都国際 激戦区もコロナも乗り越える強豪に

2022年夏の甲子園、京都国際を優勝候補の一角に挙げても差し支えないでしょう。センバツは、開幕直前の新型コロナ集団感染で無念の辞退。代役の近江が準優勝したことを鑑みれば、その実力は明らかです。韓国からの留学生に日本式を押しつけず、辛抱強くブレンド。時間をかけて醸造したたくましさで、関西屈指の強豪校に成長しました。大会第1日の第3試合。仕切り直しの挑戦が始まります。

高校野球

酒井俊作

◆京都国際1947年(昭22)に京都朝鮮中として開設。58年に学校法人京都韓国学園に。63年、高等部が開校。04年に、日本の学校教育法第1条の認可を受ける。日韓両国から中高一貫校として認められ、京都国際中学高等学校に。全校生徒138人(女子66人)。野球部は99年創部、部員62人。甲子園は夏2度目、春は1度。今春も選出されたが、大会前に辞退。京都市東山区今熊野本多山町1。朴慶洙校長。

甲子園出場を決め、選手をねぎらう小牧監督。優しさと厳しさを同居させ、チームをまとめていく=2022年7月27日

甲子園出場を決め、選手をねぎらう小牧監督。優しさと厳しさを同居させ、チームをまとめていく=2022年7月27日

◆小牧憲継(こまき・のりつぐ))1983年(昭58)7月17日、京都府生まれ。京都成章では二塁手としてプレー。関大から06年に滋賀銀行に入行。同年から京都国際外部コーチで、07年から同校の社会科教諭。08年、同校監督に就任した。167センチ、67キロ。現役時代は右投げ左打ち。既婚。甲子園には3度出場し、6試合で4勝2敗。

▷センバツ辞退 不振から浮上

不振のナインを救ったのは「甲子園」だった。

6月上旬、京都国際は近江(滋賀)と練習試合に臨んだ。5回までエース山田陽翔投手(3年)に歯が立たず、4点リードされた。降板後の6回に3点奪って反撃したが、1歩及ばず敗れた。

監督の小牧憲継(39)は選手に言った。

「お前ら、見たか。これが実際に甲子園を経験したチームと、経験していないチームの差やぞ」

22年の春、センバツ優勝候補だった京都国際はどん底に落ちてしまった。3月の開幕前日、新型コロナウイルスの集団感染で、急転の出場辞退。代替出場の近江が準優勝した。

府内で敵なしだった京都国際はその後、春季京都府大会を準々決勝で敗退し、練習試合も大敗…気鋭の強豪校は、もがいていた。

新型コロナ集団感染による選抜辞退を報じた、2022年3月18日の日刊スポーツ大阪本社1面

新型コロナ集団感染による選抜辞退を報じた、2022年3月18日の日刊スポーツ大阪本社1面

両校は、もともと、似たチームカラーだった。山田と同じように、京都国際も森下瑠大(3年)がエースで主砲。ドラフト候補が力強く引っ張る戦い方だ。

だが、センバツを境に残酷なコントラストを描いた。小牧は気づいたことがあった。

「近江さんは、ウチの子よりも落ち着き払って、秋の近畿大会からすごく成長していた。やっぱり、あの舞台を経験している。すごく自信に満ちあふれていた」

監督の鋭い指摘に、これまで空回りしていた選手の目の色も変わった。「このままでは終われない。あれだけ差をつけられて悔しい。もう1回、何が何でも甲子園に戻るぞ」と言い合った。因縁の相手に敗れ、やっと気持ちが1つになった。

▷前身は京都韓国学園

京都国際は、昨年から3季連続で甲子園出場を決めていた。昨夏は4強に躍進。「新興勢力」とみる向きもあるが、実情は違う。

08年に監督に就任した小牧が、選手と接しながら指導者としての価値観、野球観を育み、地道にチームを作り上げてきた。

同校の前身は京都韓国学園で、野球部員にも隣国からの留学生がいた。日本と韓国。最初はカルチャーショックの連続だったという。あるとき、声を荒らげる生徒がいた。

「カーブを放るなんて、ひきょうだ!」

日本の野球は、ストライクゾーンを生かし、変化球を駆使して打ち取る。パワー一辺倒の韓国野球とは違った。その戸惑いが生徒の悲鳴になった。小牧は昔の話も伝え聞いていた。

練習風景。グラウンドの両翼が狭いなか、足場の素安定なタイヤに乗って行うトス打撃は伝統的な練習

練習風景。グラウンドの両翼が狭いなか、足場の素安定なタイヤに乗って行うトス打撃は伝統的な練習

ある年、負けが重なり、険悪になった。留学生が泣きながら訴えた。「俺はプロに行くために日本に来たのに、なんで、負けただけで、みんな、深刻な顔をしたり、泣いたりするんや。俺は俺で、いいプレーしたらそれでいいやんか。なんで、チームのために勝つ野球とか、逆方向に打ったりせなあかんの」。

最後の夏の大会。全打席、大振りでホームランを狙った。海峡を隔てるだけで、こんなにも考え方が違った。

小牧は、日本と韓国の野球の違いを肯定も否定もしない。京都成章で甲子園を目指した高校時代。指導者を志し、関大で社会科の教員免許を取った。「今までやってきた常識が、伝わらない。でもね、それはそれで面白いなと。イチから勉強し直し」。初めて知った考えを拒まず、受け止めた。

▷3857校―89校

余談だが、韓国留学生の主張は、日韓の高校野球のシステムの違いが根底にある。

令和4年度の日本高野連の硬式加盟校は、3857校。かたや、大韓野球ソフトボール協会に登録された韓国の高校のチームは89校にすぎない。韓国の高校野球は、選ばれし者だけがプレーできる狭き門なのだ。

だから小牧は、そういう事情もくむ。「韓国の高校野球は、プロや大学のスカウトにアピールする場。勝つために全力を尽くす、なんて概念も薄かった。甲子園のように『負けたら終わり』みたいな考え方はないと思います」。

声を荒らげた留学生も、野球にはひたむきだった。小牧は日韓のはざまに立ちながら、自らのモノサシで測らない。異なる考え方にも寄り添った。

高校野球の監督と甲子園は切り離せない関係だが、小牧は「甲子園信奉者」ではない。以前から、こんな本音を明かしていた。

「私は『甲子園、甲子園!』という感覚がなくて。1人でも多く、大学や社会人、プロなど上の世界で活躍できる選手を育てたい。長く野球を続けてほしい。それがポリシーです。甲子園よりも、むしろ育成優先」

前身の京都韓国学園時代、初の府8強に大喜び=2003年7月21日

前身の京都韓国学園時代、初の府8強に大喜び=2003年7月21日

高校球児だった指揮官がこの考え方に行き着いたのは、個を重んじる韓国野球に触れたからではなく、厳しい現実があったからだ。

「はじめは人も集まらなかった。徹底的に個の能力を磨こうと。中学校の指導者から信頼を得れば、生徒を預けてもらえる」。現校名になったのは03年。当時は不人気な学校だった。

野球部員が非行に走らないよう、深夜の1時過ぎまで練習したときもあった。監督として初めての秋季大会は、9人で戦った。グラウンドは狭く、チームプレーもできない。置かれた環境で生き抜くため、個人の技量を高める指導に重きを置くようになった。

▷プロ1号 カープの申成鉉

最近、韓国からうれしい知らせが届いた。かつての教え子が、韓国プロ野球で本塁打を放ったという。「あの子が、いまだに現役を続けているのは感慨深い」。京都国際のプロ1号として、08年ドラフト4位で広島に入団した申成鉉(シン・ソンヒョン)だった。今季は斗山に在籍。大型の右打ち内野手は31歳になっていた。

小牧の指導者人生において「原点」といえる選手だろう。外部コーチとして関わり始めた06年に、1年生だったのが申だった。

「体は大きかったですが、正直、本当にヘタクソでした」。申は韓国野球から脱落した選手だった。「韓国はスカウト制で、高校から呼ばれないと、もう野球を続けられない。申は推薦から漏れた。野球を続けられなかったので、日本に来た」。

守備担当だったこともあり、当時の監督から頼まれた。「どうしてもプロに行かせたいから、ショートで育ててくれ」。最初は定位置を動かず、立っているだけ。初歩から始めた。捕球姿勢を作り、そのまま歩いて、体にしみこませる。申もまた、ハングリーだった。

京都国際初のプロ野球選手となった申成鉉。カープの新入団選手発表会見で=2008年12月17日

京都国際初のプロ野球選手となった申成鉉。カープの新入団選手発表会見で=2008年12月17日

小牧は回想する。「韓国で野球を続けられなかった悔しさがあって、日本でプロに行って、見返してやるという意欲が出てきた」。

守備にリズムが出てきた。3年の春季大会。西京極の右翼に本塁打を放り込んだ。たまたま広島のスカウトが見ていた。プロに導かれた申は、守備を鍛えてくれた師に感謝した。「ここまでショートとして育ててもらって、自分みたいなヘタクソをありがとうございました」。小牧にとって、初めてプロに送り出した選手だった。

申は高校3年間で、日本語はたどたどしいままだったが、野球はうまくなった。申が歩んだ道を、後輩も続いた。広島曽根海成、ソフトバンク清水陸哉、日本ハム上野響平…。昨年も、捕手の中川勇斗が阪神に入った。育成手腕が評判を呼び、有力選手が集まるようになった。

▷エース森下瑠大 準決勝回避の断

強くなった今も、生徒の伴走者であり続ける。「どちらかというと、私は子ども任せです」。新チームができると必ず選手に言う。

「目標は自分たちで決めなさい」

プロか、甲子園か。今年の大黒柱の森下は、入学したときからプロ志望だった。

左腕エースが才能を知らしめたのが、昨夏の甲子園だ。原動力となって勝ち進んだ。8月28日の準決勝。前日は休養日だった。智弁学園(奈良)との大一番を前に、周囲は注目した。誰が先発するのか。小牧は決断した。

「正直、準決勝で森下を投げさせれば、それなりになったと思う。でも、故障明けで走り込みもできていなかった。足に張りが来ていた。あそこで投げさせて自分が1回、2回勝ったからって、自己満足でしかないでしょう」

2021年夏の甲子園準決勝、智弁学園戦に先発した平野順大投手。力投したが1―3で惜敗した=8月28日

2021年夏の甲子園準決勝、智弁学園戦に先発した平野順大投手。力投したが1―3で惜敗した=8月28日

夏の甲子園開幕後、森下は2試合連続で完投していた。同26日の敦賀気比(福井)戦は、リリーフで4回2失点。中1日だったが、監督は将来のあるサウスポーの身を案じた。先発の大役を回避し、2番手投手の平野順大(3年)をマウンドに上げた。

惜敗した。「森下は、プロを目指して入ってきた。あの1試合で、彼の野球人生をつぶすわけにいかない。これで負けたら仕方ない。そこは割り切ってやっています」。

▷大阪桐蔭・西谷監督の速達メール

この春、3度目の甲子園をコロナ禍で辞退した。だが、小牧は達観する。「まさに人生の縮図。いいときもあれば、悪いときもある」。大切なことを教えてくれたのは、選手だった。

センバツでチームは解散。再び始動した4月1日、生徒の動きは鈍かった。だが、怒るに怒れなかった。「すごく楽しそうな顔をして、野球をやっていた。久しぶりにチームメートに会えた。久しぶりに野球できる。『日本一』と言い続けて張り詰めた緊張感のなかでやってきたけど、純粋に野球を楽しむって、大切なモノを忘れていたなと」。

小牧自身、逆境から多くを学んだ。センバツ辞退が発表されると、携帯電話に誰よりも早いメールが届いた。

「本当に大変やったな。こういう大変な時期、しんどい時期をみんなで乗り越えるからこそ、京都国際はもっと、一回りも二回りも大きくなるし、強くなるんやぞ。いまは子どもをしっかりフォローしてやって、君やったらできるから、また頑張れよ」

関大の先輩で、大阪桐蔭の西谷浩一監督(52)だった。甲子園春夏連覇2度の名将の励ましに、人をつくり、組織を強くしていく要諦をかいま見た気がした。

▷こだわっていい場所

京都国際の監督になってから15年がたった。近年、甲子園に出るようになって新しい発見があった。

「去年の3年生を見ると、甲子園から帰ってきてから、本当に人間的にも成長した。技術的にも、1本ヒットを打つ、1球ボールを処理するだけで、こんなにうまくなるんかと。自分も考え直させられた。『甲子園、甲子園!』っていうのも、間違っていないってね」

2度目の夏は初日第3試合に登場。相手は一関学院(岩手)に決まった

2度目の夏は初日第3試合に登場。相手は一関学院(岩手)に決まった

自身が高校生のときに踏めなかった黒土に立ち、芽生えた感情だった。異彩を放つ指導者を揺さぶったのは、あの球場が持つ魔性だった。夏の京都大会。京都国際ナインはたたみかける強さを取り戻し、劣勢もはね返した。再び、甲子園に帰ってきた。

小牧は淡々と言う。「一生懸命やるヤツをサポートしてやりたい。子どもらの夢や目標をかなえてやりたい」。

日本と韓国、そして甲子園を知った。自分だけが歩んできた遍歴は財産だ。今日もまた、野球に一途な若者の道を照らす。