セイコーGGPを国立で開催、高校生に特別出場枠

日本陸連は13日、セイコーゴールデングランプリ東京(日刊スポーツ新聞社共催)を国立競技場で開催すると発表した。東京オリンピック(五輪)のメインスタジアムを舞台に、熱い戦いが繰り広げられる。

5月10日から延期になっていた大会は、8月23日に実施。例年は海外からもトップ選手が集結するが、今回は新型コロナウイルスの影響により、出場は国内選手のみとなった。その代わりに、陸上界の未来を担う高校生に、国内のトップ選手と舞台で戦える特別な出場枠を用意。“ガチ対決”ができる貴重な舞台となる。

社会状況を鑑み、無観客での開催となるが、大会はTBS系やインターネットで生中継される。日本陸連の横川浩会長は「栄えある国立競技場の舞台では、日本を代表するトップアスリートと将来のオリンピアンを目指す高校生アスリートがともに競技し、元気な姿と陸上競技の魅力を存分に届けて参ります。今大会は新型コロナウイルスの感染予防対策を最優先とし、皆様方と会場で喜びを分かち合うことはかないませんが、競技会再開を待ちわびたアスリート、陸上競技を支えて頂いている方々、陸上競技を応援して頂いている方々の思いを大切にその日を迎えたいと思います」との談話を発表した。