【履正社から東洋大姫路 岡田龍生の流儀⑤完】2010年夏・大阪大会4回戦 PL突破の延長ルーズベルトゲームが「最高の試合」

履正社(大阪)を夏の甲子園優勝に導いた岡田龍生監督(60)が、22年3月で退任し、4月から母校・東洋大姫路(兵庫)で指揮を執っています。履正社を全国有数の強豪校に作り上げ、オリックスT―岡田やヤクルト山田らプロにも人材を送り出しました。35年の在任期間を振り返る5回連載、最終回です。(敬称略)

高校野球

堀まどか

2019年の第101回全国高校野球選手権大会決勝で、履正社は星稜(石川)を5―3で下し、全国王者となった。センバツでは2度、決勝で敗れ、春夏3度目の挑戦で頂点に立った。4番の井上広大(阪神)が相手エース奥川恭伸(ヤクルト)から本塁打を打つなど、全国最激戦区を勝ち抜いたチーム力を発揮。87年春から履正社を率いた岡田龍生は、ついに優勝監督になった。「卒業生、保護者、家族の協力のおかげで日本一を取れました」。しわがれ声の優勝インタビューが、夏空に響いた。

◆岡田龍生(おかだ・たつお)1961年(昭36)5月18日、大阪市生まれ。東洋大姫路(兵庫)では正三塁手だった79年センバツで4強。日体大から社会人の鷺宮製作所を経て、85年から桜宮(大阪)のコーチを務め、87年春に履正社監督に着任。夏は97年、春は06年に甲子園初出場。14、17年とセンバツ準優勝。19年の夏に優勝。主な教え子はオリックスT―岡田、ヤクルト山田哲、阪神坂本ら。保健体育教諭。

★大阪桐蔭とともに追い続け

95年には過労とストレスでメニエール病にかかった。01年6月のミーティングで2年生投手を殴り、謹慎処分も受けた。原因不明の顔面マヒにも苦しんだ。家族と過ごす時間を削り、指導にまい進してきた。

そんな人生を振り返るとき、迷いなく言えることがある。

「監督、指導者をやってきて、しんどいなあとか大変やなあと思ったことは、ぼくは1度もないんですよ」

体に受けたダメージも、謹慎処分も、自身を省みるきっかけになった。痛みを伴う指導ではなく、相手が理解するまで言葉を尽くすようになった。「家族にコーチになってもらおう」と部員の保護者にも協力を求め、面談を通じて学校と自宅の日常を伝え合った。

★じゃんけん勝って後攻が潮目

奮闘、気付き、反省、改革を積み上げ、履正社を甲子園常連校、優勝校に育て上げた。チームを強化する過程で、追いかけ続けたのはPL学園の背中だった。

「97年の夏に初めて甲子園に出ることができましたが、続けて何度も、というわけにはいかなかった。大阪で8強くらいには行けるようになりましたが、そこでPLに当たって、やられる。大阪桐蔭もそうやったと思います。いいところまで行って、最後はPLに頭をたたかれる」

ともに甲子園の常連となり、府内では大阪桐蔭と「2強」と言われるようになるまで、両校にとっての最強のライバルはPL学園だった。

最初はまるで歯が立たなかった相手に懸命に食らいつくうち、先攻後攻を決めるじゃんけんで、常に先攻を取っていたPL学園が、勝って後攻を取るようになった。相手が対履正社の戦法を変えたことは、大きな自信になった。

★山田哲人を擁し

そして山田哲人(ヤクルト)が最上級生の10年夏、大阪大会4回戦でついにPL学園を倒した。5―7で迎えた9回に2点を奪って追いつき、延長10回に決勝点。激闘を制し、13年ぶりの夏の甲子園出場につなげた。

「あれがぼくにとって、最高の試合です。20年かかって、夏初めてPL学園に勝った試合。そこから大阪で優勝して甲子園に行った。甲子園の試合なら、19年夏の決勝の星稜戦になるんですけど、うーん、それより、やっぱりあのPL学園戦ですね」

府大会を制し喜ぶ山田哲人。PLを破り勢いに乗った=2010年8月1日

府大会を制し喜ぶ山田哲人。PLを破り勢いに乗った=2010年8月1日

大きな背中にようやく追いつき、履正社は全国常連への道を歩み出した。

高校時代の岡田にとって、ライバルは報徳学園だった。指導者になった岡田の前には、PL学園という当時の高校球界最高峰の山があった。折々に、目指すべき相手に恵まれていた。

「生まれ変わったら? そうですね。また高校野球の監督をすると思いますね。一番大変やったのは嫁さんや子どもやったと思いますけど、面白かったと思います。そこまでやれたっていうか、日本一になれたなんてことが」

★2度目の頂へ「35年の時間はないからね」

テレビで聞いた、横浜(神奈川)の監督だった渡辺元智の言葉が、耳に残って離れなかった。

「松坂君が投げていた98年の夏、『スタンドの声援で体が揺れる、そういうのを感じた』って言われてたんです。夏の優勝ってそうなのか、と思っていましたけど、2019年の決勝のとき、相手の星稜の応援がバンバンこっちに聞こえてきて、甲子園の半分以上が星稜の応援みたいな中で試合をしているような決勝戦でした。もう、なかなか味わうことはないんやろうなと思うような雰囲気でした」

伝統校を支える甲子園の大観衆。その迫力を目の当たりにした。勝利とともに、指導者・岡田の大きな財産になった。

決勝戦を制し、星陵・林和成監督と記念撮影。成し遂げた顔=2019年8月22日

決勝戦を制し、星陵・林和成監督と記念撮影。成し遂げた顔=2019年8月22日

長い長い道のりを歩き続け、深紅の大優勝旗を手にした。さらに道は、母校に続いていたのだ。

「白鷺城」とも呼ばれる美しい姫路城が桜に包まれた4月、岡田は東洋大姫路の監督に就任した。

「どうやってもう1回、日本一になるチームを作れるかなと思ってしようと思っているので。今も言うてるんですけど、履正社では、ぼくに35年の時間があった。けども、東洋大姫路で、ぼくに35年間の時間はないからね、と。それで優勝できるチームを、なんとかしたいなって。日本一になったことのある学校やし、それもぼくは目の前で見たし、自分も監督として日本一の経験をさせてもらったんで、なんとかもう1回、全国優勝できるチームを作るにはどうしたらええか、を今、いろいろと考えています」

岡田の挑戦は、終わらない。(おわり)