【ロッテ週間②鴎たちの高校野球】タイムマシンに乗り込んで、最後の夏を追いかけてみた

ウィークデー通しのロッテ特集。担当の金子真仁記者が、面々の高校時代にタイムスリップして言葉を拾ってきました。誰もが通ってきた道には、等しくクッキリとした轍が残っています。大海原に羽ばたかんとする、若き鴎たちのストーリーズ。

ストーリーズ

金子真仁

「ニコイチ」「誇り」―松川虎生

高校野球の地方大会が各地で佳境を迎え、8月には甲子園大会が行われる。日刊スポーツでも長年にわたり、真夏の青春群像を報じてきた。何万人もの高校球児のエピソードが、紙面を埋め尽くしてきた。

データベースが残っている。プロ野球選手の球児時代を発掘すると面白い。取材を担当するロッテの選手たちの〝最後の夏〟を追ってみた。とりわけ印象的なフレーズがある。

「ニコイチ」

2021年3月23日、センバツ県岐阜商戦。小園との「ニコイチ」がロッテで生きることに

2021年3月23日、センバツ県岐阜商戦。小園との「ニコイチ」がロッテで生きることに

昨年21年の和歌山大会。市和歌山の松川虎生捕手は、エースの小園健太投手(現DeNA)とともに帽子のつば裏にそう書いて、試合に臨んでいた。決勝でライバル智弁和歌山に敗れ、夢がついえると、小園はこう話したという。

「僕のわがままも受け止めてくれて、とてもいい相棒。一番大きな存在。甲子園で終わりたかった」

日刊スポーツの高校野球紙面では毎年、その年を代表するような〝高校球児OB〟に題字を依頼してきた。昨年はロッテ佐々木朗希投手が「宝」の1文字を選んだ。今年は松川に依頼した。小園ら中学時代からの仲間たちと選んだ市和歌山。その3年間をどんなフレーズで表現するか。

「誇り」

そのココロは。

「やっぱり、こう、3年間やる中で甲子園という夢があって。いま考えてみると、高校3年間って長かったようで短いですし。全ての時間に誇りを感じました。仲間と出会ったことも、一緒にプレーしたことも誇りなので、誇りという言葉を選びました」

指導者から見ても、入学当初から率先して誰かのために動いていたという。誰にも押しつけず、背中で引っ張った。そうやって、仲間に愛されてきた。

2022年の日刊スポーツ紙面、高校野球特集の題字をお願い。力感みなぎる筆致の「誇り」いただきました!

2022年の日刊スポーツ紙面、高校野球特集の題字をお願い。力感みなぎる筆致の「誇り」いただきました!

「夏ってすごくプレッシャーかかると思うんですけど、いつも通りに。何とか甲子園に行くという強い気持ちで。チーム一丸となって、メンバー外のことも考えながらプレーすることが勝利につながると思うので、チーム1つになって戦ってくれれば」

小園とニコイチ。自分と仲間でニコイチ。誰かのために、チームのために。プロ1軍での前半戦を終えた今も、思いは変わらない

「それで打たれたら、そこまでのピッチャー」―成田翔

もちろん松川だけではない。データベースには〝マリーンズの青春〟があちこちに残っている。

15年、甲子園大会。仙台育英(宮城)の平沢大河選手は、名門の中心選手として全国準Vに輝いた。スター性ある遊撃手として注目される一方で「やせやすいんです」と課題も口にした。宿舎近くの牛丼店で並盛りを間食にとるのが、関西入り後の日課だった。

第97回大会準々決勝、仙台育英の平沢は、秋田商の成田から右越え本塁打を放つ=2015年8月17日

第97回大会準々決勝、仙台育英の平沢は、秋田商の成田から右越え本塁打を放つ=2015年8月17日

その仙台育英に準々決勝で敗れたのが、秋田商の成田翔投手だった。左腕からのキレある球で、初戦では16奪三振を奪い、一躍脚光を浴びた。

試合序盤から直球を狙われていると感じたが、最後まで直球主体で攻めた。そのココロを話した。「それで打たれたら、そこまでのピッチャー」。

「最初から10割の力でいきました」―唐川侑己

14年、福岡大会。西日本短大付の小野郁投手は、5回戦で右手中指の血マメをつぶした。4回戦でもつぶし、同じ場所をつぶした。それでも173球完投で、血染めの勝利。自身でスクイズも決め「やってきたことを信じれば勝てる。次もバックを信じて投げたい」と意気込んだ。

西日本短大付の小野は、右手中指のマメをつぶしての力投。ボールが赤く染まった=2014年7月14日

西日本短大付の小野は、右手中指のマメをつぶしての力投。ボールが赤く染まった=2014年7月14日

07年、千葉大会。成田の唐川侑己投手は、夏の初戦で日米12球団29人のスカウトを集め、4回8奪三振。「最初から10割の力でいきました」と飛ばした。

早実・斎藤佑樹とは同じ鍼灸(しんきゅう)院に通い、診察の合間に会話しながら刺激を受けてきた。

「みんなに感謝を伝えて終わりたい」―安田尚憲

12年、西東京大会。日野の佐々木千隼投手は早実、日大鶴ヶ丘と強豪を立て続けに下し〝日野旋風〟を起こした。記者には「僕たちは甲子園しか目指してない。準優勝でもベスト8でも一緒。その第1歩です」と熱く話した。母は、自転車の補助輪は3歳で外したエピソードを披露した。

歓喜の佐々木千。早実、日大鶴ケ丘を突破。8強進出で「日野旋風」を起こした2012年7月18日

歓喜の佐々木千。早実、日大鶴ケ丘を突破。8強進出で「日野旋風」を起こした2012年7月18日

13年、埼玉大会。浦和学院の小島和哉投手は準々決勝で完全試合を達成した。5月の練習試合で、憧れの桐光学園・松井裕樹投手からスライダーの握りを教わり、この日も魔球で懐をえぐっていた。記念球は「お母さんか森監督に渡したいです」。

92年、西東京大会。国学院久我山の井口忠仁選手(現在は資仁)は、都千歳戦で左中間芝生席へ高校通算26号を突き刺した。春先にはボール球を強引に打ち、肩を脱臼したことも。自宅でバドミントンのシャトルを連日打ち続け、フォームを固めた。

17年、大阪大会。履正社の注目スラッガー安田尚憲選手は、スタンドから「ヤッサン、ヤッサン、ヤッサン…」と応援曲が流れる中での戦いで、ライバル大阪桐蔭に敗れ、高校野球を終えた。「泣いて終わるのはイヤ。みんなに感謝を伝えて終わりたい」と気丈に話した。

ライバル大阪桐蔭に阻まれ、安田の夏は終わった=2017年7月29日

ライバル大阪桐蔭に阻まれ、安田の夏は終わった=2017年7月29日

昔とは違い、今ではインターネットで全国49地区の試合の生配信を見ることもできる。

「時間がある時に試合をやってる時は、見るようにというか、気になって。ちょっとの時間でもなんか、試合の中継を見てる気がします」

そう話してくれた選手もいる。この夏もまた、球児の数だけ物語が生まれる。