【ヤクルト週間➁度会博文の子育て論】自ら野球を選んだ2人の息子 10年ぶりキャッチボールの球は…重かった

コーチ、広報、営業、金の卵たちの指導…現役時代と同じで、引退後のキャリアにも懐の深さがにじみ出ています。スワローズ一筋、知天命の年を迎えた職人の子育て方針。わが子にも敬意を忘れない姿勢に、学びが詰まっています。

ストーリーズ

保坂恭子

◆度会博文(わたらい・ひろぶみ)1972年(昭47)1月26日、千葉生まれ。八千代松陰から中央学院大を経て93年ドラフト3位でヤクルト入団。内外野を守れる万能型。通算527試合で打率2割4分5厘、9本塁打、61打点。08年に現役引退し、2軍のコーチを経て広報や営業を担当。今季は育成グループファームディレクター補佐。21年からはスカウトに就任。ヤクルトジュニアチームの監督も務めている。

拓大紅陵時代、度会基輝は父博文さんと試合後にガッチリ握手。右は弟の隆輝=2017年7月14日

拓大紅陵時代、度会基輝は父博文さんと試合後にガッチリ握手。右は弟の隆輝=2017年7月14日

★「思いきって投げるなよ」

親子3人、庭でのキャッチボール。見下ろしていた目線は、いつの間にか同じ高さになった。

野球を通じた父親と子どもの絆。思いを乗せたボールを投げた。

「久しぶりに、ちょっとキャッチボールしようぜ」

昨年末、声をかけたのは父親で元ヤクルトの度会博文さん(50=現ヤクルトアカデミーコーチ)。

手加減をして優しいボールを投げていたのは、もう10年以上前のことになる。

「僕が目が悪くなってきたのもあるかもしれないけど、おっかなくてね。あんまり思いきって投げるなよって。でっかくなったなぁと思いながらでした。月日が経つのは早いなという感じかな」

ユーティリーティープレーヤーとして、94年からヤクルトに15年在籍した父。

「やるからには、好きじゃないと続かない」という思いを2人の息子はしっかり受け継ぎ、アマ野球界で活躍している。

★JPアセット証券の基輝、エネオスの隆輝

長男の基輝内野手(23)は、拓大紅陵(千葉)から中央学院大に進み、主軸として昨秋の明治神宮大会の初優勝に貢献。大学日本一に輝き、今春から社会人野球のJPアセット証券へ加入した。

次男の隆輝内野手(19)は、中学時代にU15日本代表入り。佐倉シニアでジャイアンツカップを制すと、横浜(神奈川)では1年からベンチ入り。社会人野球の名門ENEOSに進み、1年目の昨年は、都市対抗野球で本塁打デビュー。2年目の今夏は、決勝戦の3ランを含む大会4本塁打で、9年ぶりの優勝に貢献。大会MVPにあたる橋戸賞に加え、打撃賞、若獅子賞と史上初の3冠に輝いた。

中央学院大時代の度会基輝=2019年

中央学院大時代の度会基輝=2019年

父の現役生活の終盤を支えてくれたのは、息子たちの存在だった。

「子ども2人の物心がつくくらいまでは、現役を頑張りたいと思いながらやっていたところもありました」と振り返る。

神宮球場にも、2軍の戸田球場でも、スタンドには家族の姿があった。

兄弟にとって「神宮球場や戸田に行けばお父さんがいる。テレビをつければお父さんが出ている」という状況。隆輝は「めちゃくちゃかっこよかったです」と笑顔で振り返る。

基輝が小学生、隆輝が幼稚園児の08年、父は15年間の現役生活に幕を下ろした。

引退試合では、おそろいのチェックシャツを着た2人が始球式でバッテリーを組んだ。最後に、最高の思い出ができた。

ENEOSに所属する度会隆輝=2021年11月

ENEOSに所属する度会隆輝=2021年11月

息子に野球をやってほしいという思いはあったが、口には出さなかった。

だから、小学校に貼ってあった少年野球のポスターを見た基輝が「僕もやりたい」と言ってきたときは、すごくうれしかった。兄を追って、弟も始めた。

現役引退後は、コーチを経て球団職員へ転身。家で過ごせる時間は少なかった。

★お手製の打撃ケージ

それでも、家族には「野球」という共通点があった。

家でもしっかり自主トレができるようにと、母が自ら鉄パイプとネットを購入。庭に、左右どちらの打者も打てるティー打撃用のケージを作った。

当時、2軍のコーチとして宮崎キャンプに参加していた父は、送られてきた写真を見てびっくりしたという。それからずっと、そのケージが練習場所だ。

兄弟2人で練習することもあれば、父や母がボールを投げることもあった。こだわりは、硬球を使うこと。

軟式チームでプレーしていた時代も、家での打撃練習や守備のゴロ捕球は硬球を使っていた。

「ティーだけは、硬式でバンバン打たせていましたから」。そのこだわりは、2人が硬式野球に順応しやすいきっかけになった。

引退試合で、代打度会博文は左飛に倒れる=2008年10月12日

引退試合で、代打度会博文は左飛に倒れる=2008年10月12日

日々の練習で、父は「続けることの大切さ」を伝えた。

朝から練習をして家に疲れて帰ってきて、ご飯を食べたら…眠くなる。

そんな姿に「ちょっとでも、やってから寝た方がいいんじゃないの?」と声を掛け続けた。しんどくても、家で毎日練習をする。それが2人の基礎になった。

★「憧れはお父さん」

試合を見に行くのは、父の番になった。昨秋の明治神宮大会決勝の中央学院大-慶大、スタンドに駆けつけた。

6回1死満塁のチャンスで、打席には基輝。脳裏には、小さい時から一生懸命バットを振っていた姿がよみがえった。

「頑張ってきたから、ここで打つんじゃないかなと思いながら見ていたら、タイムリーを打ちました」。自身の母校でもあり、こみあげるものがあった。次男隆輝の都市対抗の活躍も、東京ドームで見つめる姿があった。

兄弟は「憧れはお父さん」と声をそろえる。2人とも、屈託のない笑顔が印象的だ。そんな息子に父が伝えたいのは、感謝の気持ち。

「それこそプロ野球選手の息子として、小さい頃からやっていく中で、いいことばかりじゃなかったと思うんです。ここまで続けてきてくれて、本当にありがとねと言ったこと、ありますよ」

練習試合に臨む、左からヤクルトジュニアの河端龍コーチ、度会博文監督、三輪正義コーチ=2020年12月20日

練習試合に臨む、左からヤクルトジュニアの河端龍コーチ、度会博文監督、三輪正義コーチ=2020年12月20日

今年から兄も社会人となり、家を出た。父は、新設されたヤクルトアカデミーのコーチに就任した。かつて息子たちに教えていたように、また子どもと向き合う。

「初めて野球をやる子も、一緒に楽しくやりましょうというアカデミーなので。少しでも野球の楽しさ、素晴らしさを伝えられて、野球をやりたいなとか、続けたいなという子が、1人でも2人でも増えていったらいいなと思います」

それぞれの道は分かれているようで、つながっている。