日本スケート連盟は14日に理事会を開き、21ー22年シーズンの各国際大会の代表選考基準を承認した。

フィギュアスケートの22年世界選手権(フランス)は各3枠の男女シングルが以下。

 

<1>全日本選手権大会優勝者を選考する。

<2>以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して1名選考する。

A) 全日本選手権大会2位、3位の選手

B) 国際スケート連盟(ISU)グランプリファイナル出場者上位2名

C) 全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンベストスコア上位3名

<3>以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して、<1>、<2>で選考された選手を含め3名に達するまで選考する。

A) <2>のA)B)C)に該当し、<2>の選考から漏れた選手

B) 全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名

C) 全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンワールドランキング上位3名

D) 全日本選手権までに強化部が派遣した国際競技会、および強化部が指定した国内競技会(※1)におけるシーズンベストテクニカルスコア(※2)上位2名

 

2枠のペア、1枠のアイスダンスは以下のいずれかを満たす組から総合的に判断して選考する。

A) 全日本選手権大会優勝組、2位、3位の組

B) 全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング最上位組

C) 全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンワールドランキング最上位組

D)全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンベストスコアの最上位組

 

なお注釈として、以下も明記された。

「昨年度競技実績の無い組は、フィギュア委員会が定める派遣基準点を指定の競技会において満たすことを

条件とする。

最終選考会である全日本選手権大会への参加は必須である(補欠の選考はこれに限らない)。

ただし、過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権大会へ参加できなかった場合、不参加の理由となったけが等の事情の発生前における同選手の成績を上記選考基準に照らして評価し、世界選手権大会時の状態を見通しつつ、選考することがある」

 

※1 強化部が指定した国内競技会は以下。

東日本選手権、西日本選手権、東日本ジュニア選手権、西日本ジュニア選手権、全日本ジュニア選手権、全日本選手権

 

※2 当該シーズン対象競技会(同一競技会内)における、最も高かったショートプログラムとフリースケーティングの合計得点