【虎のお家騒動①藤村富美男排斥事件】13選手が「退陣要求書」を提出 巨人川上哲治が仲介に入り…やっとこさ収束

今年の阪神は騒がしい。矢野監督の退任表明に、開幕9連敗。過去にもいろいろありました。15年に掲載した大型連載「猛虎の80年」から衝撃の事件簿を復刻します。第1回は「藤村富美男排斥事件」です。(2015年1月31日掲載。所属、年齢などは当時。本文敬称略)

傑作選

松井清員

★前代未聞のクーデター

阪神最大のお家騒動といえば、藤村富美男監督の排斥事件だろう。

選手たちがこの監督ではダメだ、代えてくれと球団に直談判。信じ難い事件は59年前の1956年(昭31)に起きた。

◆藤村富美男(ふじむら・ふみお)1916年(大5)8月14日、広島・呉市生まれ。旧制呉港中時代にエースで4年連続甲子園出場。36年阪神創設時に入団。戦時中は中国などに出征し戦後復帰。野手転向後、49年はダイナマイト打線の4番三塁で本塁打&打点の2冠王。50年首位打者。46年と55~57年は監督を兼任(57年は出場なし)、58年引退。56年6月24日広島戦(甲子園)では、9回2死で「代打オレ」を告げ、「代打逆転満塁サヨナラ本塁打」。実働17年で1558試合、224本塁打、1126打点、生涯打率3割。8年の投手成績は76試合34勝11敗、防御率2・35。背番号10は永久欠番。74年殿堂入り。92年5月28日逝去。現役時代は右投げ右打ち、173センチ、79キロ。

11月上旬、阪神主将金田正泰の自宅に田宮謙次郎ら主力が集結した。この年から兼任監督を務めた藤村の退陣を求める決起集会だった。

藤村は物干しざおの異名を取った94センチの長尺バットで、巨人川上哲治に対抗する主砲として活躍。初代ミスタータイガースも襲名した。だが、監督としての選手受けはよくなかった。

当時の日刊スポーツによると、ワンマン体質だった藤村と金田ら主力はシーズン中から折り合いが悪かった。そして6月10日の国鉄戦ベンチで藤村が金田を公開で怒鳴り、決定的な亀裂が走る。金田らは4年目吉田義男(81=日刊スポーツ客員評論家)、小山正明ら若手も囲い込んでいった。

「打てそうな投手の時しか出ない」「勝った手柄を全部持っていく」。契約更改は基準の藤村が言いなりでサインするため、下の選手の給料が上がらない待遇不満もあった。

13人に膨らんだ不信任の一団は11月11日、オーナー野田誠三に「退陣要求書」を提出した。

吉田 私たち若手に藤村さんを批判する気持ちはなかった。でも主力についていかざるを得ない状況で随分悩みました。まだ組織も未熟な時代。藤村さんは孤立無援だったと思います。

バットを手にポーズする阪神藤村監督=1956年

バットを手にポーズする阪神藤村監督=1956年

前代未聞のクーデターに苦慮した球団は、強硬路線を取った。

12月4日、監督藤村の留任と金田の解雇を発表。だがこれで排斥派は「徹底的に戦う」とますます対立。球団との契約更改交渉も拒否し続けた。藤村は「こうなったら2軍を鍛えて来季に臨む」と発言。騒動はさらに混迷を極めた。

事態は球界全体を巻き込む大問題に発展。だが巨人主砲川上らが仲介に入り、ようやく収束する。現在では考えられない展開だが、川上は藤村、金田の双方と面会。藤村には「金田を戻せ」と助言し、関係修復の会談を実現させた。

球団は12月25日に金田との再契約を発表。排斥派もボスが折れたことで退陣要求書を撤回。12月30日に大阪市の阪神電鉄本社で、藤村と金田が和解の握手を交わした。

吉田 私の京都の実家にも読売系列の記者が説得に来ました。今振り返っても全部あり得ない話で、藤村さんにも申し訳ない。イヤな記憶でしかありません。

★カイザー田中への下打診

だが一件落着ではなかった。藤村は翌57年は監督に専念するが、事件を機に球団が統率力を疑問視。何と翌春キャンプ中、臨時コーチのカイザー田中に翌年の監督を打診する。

藤村は何も知らずに1年間奮闘。翌58年は監督退任と代打要員での現役復帰を命じられ、その年限りで寂しく引退する。

阪神が内紛でごたつく間に巨人は58年に長嶋茂雄、59年に王貞治を獲得するなどV9への地盤を整備。阪神は「虎ブル球団」などとやゆされ、巨人との差が開いていく。

吉田 こんなことは2度と起こしてはいけない。慎まないといけないと身に染みました。今となっては当時を知る多くの方が他界された。残念ですが80年史の汚点でしょう。