【家族の力・大野雄大】「なんでうちにはお父ちゃんがいいひんの? お父ちゃんほしい」…保育園から帰るときに突然、泣きだしたよね。

家族がテーマの水曜日。中日大野雄大投手の母・早苗さんが、入団時に寄せてくれた手記を送ります。完全試合を逃しても、わがことのようにサヨナラ勝ちを喜ぶ姿。中盤以降に尻上りで援護を待つ、芯の太さ。お母さま、すべての野球好きを喜ばせる選手に育ててくださって、ありがとうございます!(2011年1月5日掲載。所属、年齢などは当時)

傑作選

桝井聡

幼少期。お母さん似

幼少期。お母さん似

中日にドラフト1位で入団する大野雄大投手(22=佛教大)は、母早苗さん(50)と二人三脚の野球人生を歩んできた。プロ野球選手を女手一つで育て上げた母が、胸に秘めた思いを語った。

■2歳で京都へ…簿記資格

入団おめでとう。やっと夢のスタートラインやね。今でも本当に信じられへん。

生まれたときは3740グラム。あの時は男の子なんかどうやって育てていけばいいんやろうって悩んだけど、今思えば男の子の方が断然かわいかったかな。お姉ちゃんには悪いけど。雄大のおかげでたくさんの経験をさせてもらったよ。

私が離婚したときは、まだ雄大は2歳やったね。

尼崎(兵庫)からこっち(京都)に引っ越して、お姉ちゃんと3人生活。お母さんは「仕事をはじめなあかん」って、ハローワークで教えてもらった簿記の専門学校に1年間通ったよね。

それからは会計事務所、ビジネスホテルで経理の仕事を始めたけど、帰ってくるのは夕方。おじいちゃん、おばあちゃんの家に預かってもらったりしたけど、まだ小さい雄大には寂しい思いさせたかなと思ってるよ。

仏教大時代に飛躍。大谷大戦で7回完全試合=2010年4月24日

仏教大時代に飛躍。大谷大戦で7回完全試合=2010年4月24日

今でも忘れられないことがあって、雄大が4歳の時かな。

自転車の後ろに乗せて、保育園から帰るときに突然、泣きだしたよね。たくさん人がいるダイエーの前で。「なんでうちにはお父ちゃんがいいひんの? お父ちゃんほしい」って。

半べそかいて、何言っても泣きやまへん。「ダイエーでお父ちゃん買ってこよか?」って言っても。あの時はほんとに寂しい思いさせてるなって思ったよ。

■砂川公園、駐車場 アザだらけの2人

小学校の時は2人でよくキャッチボールしたね。野球チームからお母さんもグラブ借りてきて。

雄大は球は速いけど、ノーコンでストライクが入らへん。「どうやったらストライク入んの?」って聞いてきたけど、お母さんだって全然わからへんかった。ノックなんかできないし、手で投げたボールを雄大が一生懸命、追いかけたよね。

お父さんがいたら教えられんのかなと思ったけど、雄大はそんなこと一切、言わへんかった。明るいうちは近所の砂川東公園。夕ご飯を食べてからはマンションの明かりがついた駐車場。2人でよくアザだらけになったね。

■「お金ないねん」「そうか。分かった」

中学校に入学する前かな。「硬式のチームで野球がしたい」って言ったのは。すごく悩んだけど、正直に「お母さんな。お金ないねん」って言ったら「そうか。分かった。(学校の軟式の)部活で野球やる」って。

もっと泣いて言ってくるかなと思ったけど、それだけやった。お母さんも泣きそうになったけど、こらえたよ。

高校は誘われて強い高校(京都外大西)に入学したけど、卒業する時は「社会人で野球やりたい」って言ったよね。大学に入ってからも、練習しながら深夜のガソリンスタンドでアルバイトしてたね。お母さんに直接は言わへんかったけど、ずっとうちの経済的なことを考えてくれてたんやろうね。

ドラフト1位で中日へ。球場見学=2010年12月12日

ドラフト1位で中日へ。球場見学=2010年12月12日

やっぱり親子なんかな。大学に入ってから試合を見に行ったときに、青一色のグラブを使っててビックリしたよ。雄大も青色が好きなんやって。

中日に指名されてから、名古屋のテレビに出演したときに「母親にイタリア旅行をプレゼントしたい」って言ってくれたらしいね。お母さんがイタリアの「青の洞窟(どうくつ)」に行ってみたいって言ったことを、覚えててくれたんやね。ヨーロッパ旅行なんてぜいたくやと思うけど、もし行けるなら、いつか一緒に行きたいね。体だけは気をつけて。これからも頑張ってくださいね。(大野早苗)

完全を逃してこの笑顔。歓喜の輪に駆け寄る=2022年5月6日

完全を逃してこの笑顔。歓喜の輪に駆け寄る=2022年5月6日