コンテンツエリア



メインコンテンツ

フィギュアスケートバナー

フィギュアスケート

吉田陽菜

吉田陽菜

よしだ・はな

吉田陽菜

所属木下アカデミー

生年月日2005年(平17)8月21日

身長、体重153センチ

出身地愛知県

主な戦績16年全日本ノービス選手権(ノービスB)優勝、17年同選手権(ノービスA)優勝。19年全日本ジュニア選手権3位。20年全日本ジュニア2位、冬季国体(少年女子)2位

コーチ浜田美栄、田村岳斗、村元小月、佐藤洸彬

2020-21楽曲SP=ザ・ミッション、フリー=ツィゴイネルワイゼン

2020-21振付師村元哉中、エルネスト・マルティネス

2019-20楽曲SP=ラ・ラ・ランド、フリー=キャッツ

2019-20振付師安藤美姫、宮本賢二

自己ベスト総合169・41点(※19年西日本選手権・ジュニア)
SP62・22点(※19年愛知フィギュアスケートコンペティション)
フリー115・11点(※19年全日本ジュニア選手権) ※国際スケート連盟(ISU)非公認大会

練習時間(週)

趣味おかし作り

SNS、ブログなどなし

関連ニュース

プロフィル

安藤美姫らを輩出した名東FSCに所属し、ノービス時代から頭角を示す。同門の手嶋里佳と切磋琢磨し、16、17年と全日本ノービス選手権優勝。だが、18年に腰を痛めて、大会の欠場が続いた。故障前にはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させていたが、出直すことになった。

19年3月に実戦復帰を果たし、19〜20年シーズンは全日本ジュニア選手権のフリー冒頭で3回転半に成功。河辺愛菜、川畑和愛に続く3位となった。初出場の全日本選手権でも3回転半に挑戦し、成功はなかったが、シニアに交じって19位と貴重な経験を積んだ。

20年春からは木下アカデミーに在籍。浜田美栄コーチの下、ジャンプの技術や表現力を磨き、全日本ジュニア選手権、冬季国体ともに準優勝。どちらも3回転半を決めてみせた。最後の全国中学校大会は新型コロナ禍で中止となったが、21-22年はさらに上のステージへ向かう。




スポーツ

森且行、来夏までに復帰を「まだまだ諦められない …
森且行、来夏までに復帰を「まだまだ諦められない … [記事へ]





右カラム