イビチャ・オシムに捧ぐ 「走れ。走りすぎて死ぬことはない」元通訳は哲学継ぎ海外で代表監督に

サッカー日本代表監督も務めた名将イビチャ・オシム(ボスニア・ヘルツエゴビナ出身)が、5月1日に80歳で永眠した。「ライオンに襲われた野ウサギが逃げ出すときに肉離れしますか?」。機知に富んだ発言と卓越した指導力で、日本サッカー界に多くの「チルドレン」を生んだ。ジェフユナイテッド市原(現千葉)時代に通訳を務めた間瀬秀一(48)も、大きな影響を受けた1人。オシムとの出会いが、指導者人生の礎となっている。(敬称略)

ストーリーズ

岡崎悠利

ジェフ市原(現千葉)でオシムの通訳を務めた間瀬。現在は愛知県の「ワイヴァンFC」で中学年代を指導する

ジェフ市原(現千葉)でオシムの通訳を務めた間瀬。現在は愛知県の「ワイヴァンFC」で中学年代を指導する

千葉時代の通訳、間瀬秀一

2002年、クロアチア・ザグレブに暮らす間瀬のもとに1通のメールが届いた。

「面接を行いたい。ぜひ会ってほしい」

1996年に日体大を卒業後、米国に渡り、グアテマラ、クロアチアなど5カ国でプレー。引退して現地の大学でクロアチア語を学んだ。そんな間瀬にジェフが白羽の矢を立てた。オシムを監督として招請するにあたり通訳を探していた。

欧州、特に東欧でオシムの名を知らぬ者はいなかった。現役時代は64年東京五輪にユーゴスラビア代表として出場し、日本との順位決定戦で2ゴール。監督としては90年W杯イタリア大会ではユーゴスラビア代表をベスト8に導いた。

クロアチアでもプレーし、その名声も知っていた間瀬氏にとって、オシムがアジアの極東・日本で監督になるという話は衝撃だった。同時に日本サッカーに転機が訪れる予感がした。その場に通訳として関われるチャンスがある-。オシムはボスニア語だが、クロアチア語とは日本でいう方言ほどの違い。理解するのに問題はなかった。

会場はオーストリア・グラーツにあるレストラン。オシムとその家族、ジェフの幹部との昼食が面接だった。いざ食事を始めても、オシムは一向に話そうとしない。隣に座った息子セルミルとひたすら会話し、そのまま終わった。

その夜、電話が鳴った。ジェフの幹部は「通訳として採用したい」。一言も直接話すことがないまま、タッグは結成された。

06年5月15日W杯日本代表発表 練習終了を待つファンのところへ巻誠一郎を促す千葉のイビチャ・オシム監督

06年5月15日W杯日本代表発表 練習終了を待つファンのところへ巻誠一郎を促す千葉のイビチャ・オシム監督

「こんな選手がいるんだな」視線の先には

03年1月29日、そろって韓国・南海に向かい、キャンプ中だったチームの練習を初めて見た。眼光鋭く見守るオシム氏が、にやりと口元をゆるませた。

「こんな選手がいるんだな」

最前線からプレスに走りまくり、体を投げ出してヘディングをする荒削りな大卒ルーキーの姿があった。のちに、06年W杯ドイツ大会のメンバーに選ばれた「オシム・チルドレン」の1人、FW巻誠一郎だった。こわもての指揮官がうれしそうに顔をほころばせたのを鮮明に覚えている。

毎日といっていいくらい怒られた。選手が練習をうまくこなせないと「なぜできない」と間瀬に厳しい言葉が飛んだ。

多色のビブスや複数のボールを使ったトレーニング。メニューは独特で複雑だった。プレッシャーと疲労から1年目のシーズンは2回倒れて点滴を打ったほど。朝の病院にいると、別のコーチからの電話が鳴った。「午後の練習は来られるんだろ?」と言われ、そのまま練習場に向かったこともあった。

食らいつきたい一心だった。なにより、クラブが目に見えるスピードで強くなっていた。J1で中位に“慣れ”ていたチームに、就任早々「なぜ優勝を目指さないのか」と雷を落とした。

鋭いプレス、次々と選手が前線へ飛び出す攻撃サッカーを染み込ませ、強豪チームへと変貌した。1年目の03年シーズンから優勝争いに食い込み、3位となった。05年11月にはクラブ初タイトルとなるナビスコ杯優勝を果たした。

「何より、成長を感じられていた」

計算された発言「お前、挑発してんのか」

就任当初は「俺たちが優勝?」とあっけにとられていたチームは変わった。休むことなど考えなかった。

間瀬は数え切れないほど怒られたが、訳し方について指摘されたのは1度きりだ。ある試合の前半終了時、インタビューで「チームがうまくいっていないが?」と質問を受けた。オシムは静かにこう返した。

「お前、挑発してんのか」

テレビの生中継。とっさの判断で「それはどういう意味ですか」に変えた。

試合翌日、「俺が言った通りに訳さなかっただろ」と詰め寄られた。返答に窮すると、こう続けた。

「もう1度同じことがあったら、終わりだからな」

はっとさせられた。オシムは豊富な言い回しでメディアから注目されていた。それだけに過激な表現は機転を利かせて修正したつもりだったが、逆だった。

「オシムさんはそれ(過激さ)も計算に入れて、すごく繊細に話していた」

自分が求められているのは、ただの通訳ではないと気付いた。練習では言われた通りに伝えているのに、できなかったら怒られる。試合ではうまく修正したつもりが、怒られた。

「この人の意図や熱量を伝えるのが自分の仕事」

余計な気遣いはしないと決めた。

柏レイソルと毎年行う「ちばぎんカップ」。ある年、千葉銀行の役員が試合前にオシム氏のもとへ来て、肩をたたいた。

「ジェフは戦績悪いね。たまには勝ってよ」

そんな冗談にオシムが返した言葉は「そんなに勝利を求めるのなら、レアル・マドリードのスポンサーをやれ」。そのまま伝えた。

06年7月、日本代表就任会見後、握手を交わす右から新監督のオシム氏、川淵三郎キャプテン、反町五輪監督

06年7月、日本代表就任会見後、握手を交わす右から新監督のオシム氏、川淵三郎キャプテン、反町五輪監督

酒席でのささやき…認められた

就任から3年が経過し、いよいよリーグタイトルを狙っていた06年6月。当時の日本サッカー協会、川淵三郎キャプテン(会長)が、退任する日本代表ジーコ監督の後任について「オシム」と口を滑らせた。翌日、岐阜でキャンプ中だったチームのもとへ、大量の報道陣が押し寄せた。

その日からオシムは練習の指導をやめた。チームのことを考え、伝えるタイミングなど注意深く考えていたであろう時。心を痛めているのは明らかだった。

キャンプの終わりに料亭でお別れ会をした。最後にスタッフ陣と記念写真を撮ることになった。

「俺は去る人間だから」「間瀬、お前も外れろ」

盛り上がる酒席でそっと声をかけられた。初めて、認められたのかもしれないと感じた。

オシムが退任した翌07年シーズンから、ジェフの通訳兼コーチとなった。その後はファジアーノ岡山、東京ヴェルディでもコーチを務め、15年にはS級指導ライセンスを取得し、当時J3だったブラウブリッツ秋田で監督となった。

07年11月18日千葉対横浜 試合後にイビチャ・オシム監督の病状回復を願った千羽鶴をサポーターから受け取り目に涙を浮かべながらピッチを引き揚げる千葉FW巻誠一郎

07年11月18日千葉対横浜 試合後にイビチャ・オシム監督の病状回復を願った千羽鶴をサポーターから受け取り目に涙を浮かべながらピッチを引き揚げる千葉FW巻誠一郎

オシムは脳梗塞で日本代表監督を退任後は母国ボスニア・ヘルツェゴビナで暮らしていた。そこへ自らの監督就任を報告すると、喜ぶ様子もなく「そうか、思ったより早かったな」。そして「ジェフはどうだ。選手はどうしてる」。隣にいたあの時と変わらない口調に、少し安心した。指導者になった自分に繰り返したのは、ジェフ時代と変わらぬメッセージだった。

「ピッチで相手を上回って走れれば、それは選手が1人多いのと同じことだ」「走って戦える選手を信じて使え」「まず全力なのか。そして考えているか。勇気を持っているか。アイデアを持ってやっているか」

オシムは日本に「考えながら走る」「ポリバレント」といったキーワードを残した。一方で、選手時代はばりばりのドリブラー。テレビがなかった当時、ラジオの実況は「オシムがドリブル、オシムがドリブル、オシムがドリブル…」と延々繰り返すばかり。聞いている人々が「もうとっくに隣町までいっているよ」とつっこみの声を上げるのが日常だったという。

直接たずねると「それは大げさだ」と首を振りつつ、「指導者として、現役時代とは逆のことをやっている」と続けた。自身の経験に頼らず、日本人の長所を見抜いて指導していると知った。日本人には可能性があると教えられたから、自身も指導者を志した。

オシムの傍らにいた間瀬は、その練習メニューを書き残していない。「メモをするな」と口酸っぱく言われた。頭にはたたき込まれているが「人のまねをするな」とも言われていたので、再現することもしない。

日本代表練習 練習で選手に指示を出すイビチャ・オシム監督(右)。左は遠藤保仁=2006年10月10日

日本代表練習 練習で選手に指示を出すイビチャ・オシム監督(右)。左は遠藤保仁=2006年10月10日

モンゴル代表監督に就任

「練習場や天気、選手の顔つき。いろんなことをふまえてトレーニングを組む。進歩しないといけない。『オシムさんはすごかった』で終わってはいけない」

オシムは日本文化にも興味津々だった。相撲に興味を持ち、ぶつかり稽古を見学すると、「明日の練習でぶつかり稽古をやる」。大学生を大量に呼び、ゲーム形式のトレーニングでは次々とプレッシャーをかけさせた。

料亭では出された刺し身を「一切れだけ表面を焼くよう調理場に言ってほしい」と頼んだかと思えば、「日本酒はなんでマスの中にグラスを入れて、いっぱいになるように注ぐのか?」と聞いてきた。答えられずにいると「そういうところがだめなんだ」。

サッカーにとどまらず物事に広く関心を持ち、さまざまな角度から見る。その繰り返しが新たな発見を生み出していく。そこが「オシム・イズム」の源泉なのだと感じている。

間瀬は21年4月にモンゴルのU-23代表とA代表の兼任監督に就任した。だが、これからという時に目の病気に冒され、同年12月に帰国せざるを得なくなった。その後の治療は順調に進んだ。現在は高いモチベーションを持ち、愛知県のクラブチーム「ワイヴァンFC」で中学生年代の監督を務めている。

「走れ。走りすぎて死ぬことはない」

オシムが残していった言葉に突き動かされる。立ち止まっているわけにはいかない。

「ジェフで過ごしたのは1対1の鍛錬の日々だった。オシム塾を卒業したんだということを、これから指導者として証明していきたい」

いつか恩師のもとを訪れ、手を合わせる時に胸を張れるように-。間瀬はオシムの教えを胸に“走り”続ける。