【帝京・前田三夫の人生⑨】「負けはある。でも、ひるまないで。負けから逃げないようにしてもらいたい。立ち向かってもらいたい」

就任50年目の2021年夏に勇退した帝京(東京)・前田三夫監督(72=現名誉監督)が、監督として過ごした半世紀を振り返りました。22歳の就任初日「甲子園に行こう」と呼び掛けたら、約40人いた部員が2週間ほどで4人まで減ったのは語り草。逆風のスタートから甲子園に26回の出場を重ね、歴代5位タイの51勝を積み上げ、3度の日本一に輝きました。今だから明かす秘話、勝負哲学、思い出に残るチームや選手たち、高校野球界へのメッセージ…9回連載です。

高校野球

古川真弥

前田名誉監督に、これからの高校野球はどうあるべきかを尋ねた。1週間500球の球数制限や、降雨コールドやノーゲームに代わる継続試合が導入された。半世紀にわたり、指導してきたからこその知見を聞いた。「まず、気候の変動。暑さが昔と違う。そういうことも考えなきゃいけない」と切り出し、続けた。「今の子どもたちは体はでかいんですけど、体力的な強化は正比例してない。体はでかくなってるけど、体幹がものすごく弱い」。

栄養あっても体力低下

要因として、育った環境の変化を指摘する。「昔は山で遊んだり、木登りしたり、駆けっこしたり。それが、今はゲームでしょう。もう基礎が違います。(昨年の)夏まで生徒を指導して感じたことですね。栄養はあっても、体力が低下している」と実感を込めて言った。だから、球数制限や継続試合は「体力的な面を考えれば仕方ない」と考える。

ただ、声を大にして続けた言葉は、これからの指導者たちへの“注文”とも言えた。

「若い人たちを保護するために、勘違いをさせる言葉がいっぱい出てくる。指導者は、はやり言葉を簡単には使っちゃいけない。その裏に何があるのか。簡単に言葉に走ったら、どういう誤解が生まれてくるかを考えて、言葉を出さなきゃダメですよ。高校野球の価値を高めるためには、言葉の持つ“過ち”を作らないことが大事だと思います」

勘違いをさせる言葉

かつて前田監督自身「自主性」という言葉の下、苦い思いを味わったことは、この連載でも紹介したとおりだ。「勘違いをさせる言葉」がために、「勝ちにこだわりを持てない、夢を持たない子が非常に多くなっている」と懸念する。

練習する選手たちを見詰める帝京・前田三夫名誉監督

練習する選手たちを見詰める帝京・前田三夫名誉監督

自主性に任せた結果、選手たち自身が勝たなくてもいいと思うなら、それでいい、というのは違う。むしろ、逆で「勝利を追求する教育もあっていい」。

ただし、勝利至上主義とは異なる。なぜなら「勝利というのは、教育が行き届かないと絶対に得られない」からだ。

「教育が行き届いて、強いチームができます。僕は、そういう風に思います。たたいて(=鍛えて)、たたいてだけで強いチームは絶対できない」

勝ちにこだわって己を鍛えて欲しいが、同時に人間をつくっていくことが不可欠。それが、高校野球のあるべき姿と信じている。

最後に、指導者へのエールで締めたい。

「負けはある。でも、ひるまないで。負けから逃げないようにしてもらいたい。立ち向かってもらいたい。その負けは財産だからね。そうすれば強くなりますよ。絶対、逃げちゃいけない。苦しいけど、僕は逃げなかったから50年できた」(おわり)

三重にサヨナラ勝ちし甲子園大会50勝を達成=2010年3月30日

三重にサヨナラ勝ちし甲子園大会50勝を達成=2010年3月30日