【楽天週間②イーグルスガール考】家族に連れられた人 アイコンに導かれた人 ピンポイント案内…トリガーは無限大

球場の入場制限が解除され、足を運ぶ女性ファンの姿が増えてます。「カープ女子」「オリ姫」「ヤクルトレディー」…イーグルスの場合は。提供いただいこちらの写真は、YouTuber「平成フラミンゴ」のNICO(左)とRIHO。楽天野球団さま、いつもありがとうございます!

ストーリーズ

湯本勝大

始球式を行う乃木坂46・久保史緒里

始球式を行う乃木坂46・久保史緒里

★乃木坂46・久保史緒里の場合

乃木坂46久保史緒里(20)は熱烈な楽天ファン。パーソナリティーを務めているニッポン放送「乃木坂46のオールナイトニッポン」で、その愛を何度も熱く語る。

野球との出会いは両親がきっかけだった。父は元野球部で母は元ソフトボール部。宮城県出身ということもあり、小さい頃から楽天の試合に連れていってもらっていた。憧れだったのは1、人の助っ人外国人選手。リック・ショート。スラッとした佇まいにひかれた。

楽天外国人史でも屈指の好打者、リック・ショート

楽天外国人史でも屈指の好打者、リック・ショート

◆リック・ショート(Rick Short) 1977年5月5日、米国生まれ。94年ドラフトで、オリオールズから33巡目に指名され入団。メジャー昇格はならず、03年にロッテへ。打率3割3厘と結果を出したが1年で退団し、再び米国へ。楽天では06年から4シーズン活躍。広角に打ち分け、08年には打率3割3分2厘で首位打者を獲得した。現役時代は180 センチ 、86 キロ 。右投げ右打ち。

「父が一緒に試合を見に行ったときに、リック選手のサインボールを捕ってくれて。それがすごくうれしくて記憶に残ってて、それから試合を見に行くときはリック選手を見に行ってたという感じだったんです。幼いときはプレーとかルールも分からずに見ていたんですよ。ただ、両親が連れていってくれたので、その雰囲気が好きで行っていた気がします。そんな中でも、幼いながらにリック選手の打席になると楽しい。すごい興奮してましたね。姉はフェルナンデスだったんですけど」

なんでなんですかね。姉もルールは分からなかったと思うし、どの選手とか分からなかったと思うんですけど、なんか、ずっと言ってました。名前を家で言っていたのは覚えてて」

★リック・ショートからチアへ

最初は、ルールも魅力もよく分からない状態。その中でも「かっこいい」「楽しい」「好き」はある。久保は後に、楽天球団公式チアのジュニアチームにも所属した。

「もともと小1からチアは習っていたんですけど、エンジェルスに入ったのは小3。母親が一緒に野球を見に行ってるときに、『史緒里もあそこで踊ったら』って。当時踊っていた先生たちを見て、言ったんですよ。人見知りを母が克服させたくて、始めさせてくれたんですけど。ものすごい人見知りだったので。そんな中で『あそこに行ったら』と言われて、ずっと頭に残ってて。もし私がエンジェルスに入ったら、両親を野球を見に連れて行けるなって思って。それで始めました」

より親密に関わることで、さらに「楽天愛」が深まった。19、20年はイーグルスガールデーのイメージキャラクターにも就任した。

★フォロワー700万超「なえなの」起用

久保のように、これまでは家族がきっかけで野球を知るファンは多かった。だが昔と違い、プロ野球中継が毎日地上波で放送されているわけでもない。各球団それぞれが、独自の発信を続ける時代になっている。

株式会社楽天野球団動員企画グループの山田絵里さんは「昔よりもいろんなものが面白いというか、いろんなエンターテインメントの要素が、スマホにも詰まっている。知ってもらうきっかけを、いっぱい作っていくのが大切かなと思います」と話した。

楽天野球団動員企画グループで働く山田絵里さん。女性ファン獲得へ、さまざまな施策を打つ(楽天野球団提供)

楽天野球団動員企画グループで働く山田絵里さん。女性ファン獲得へ、さまざまな施策を打つ(楽天野球団提供)

山田さん自身も、巨人ファンの父親がテレビで試合を見ているのをきっかけに野球好きになっていった。

女性に、いかに楽天イーグルスを知ってもらうか。新規の来場者を得るために、一見野球とは離れたところからのアプローチを始めた。

6月25、26日に開催された「イーグルスガールデー」のイメージキャラクターには、SNS総フォロワー数700万人超のインフルエンサー、なえなの(21)を起用した。

「球団のSNSとかだけだと、ファンの方だったり、知ってる方にしか届かないところがあった。なえなのさんは、球団の力じゃ届かない10代や20代の若い女性の層にすごい情報を発信する力があるので、そこに力を入れて、より多くの女性の方にイベントを知ってもらおうと。知ってもらわないと、来てもらうきっかけにならないので」

始球式を終え一礼するなえなの=2022年6月25日

始球式を終え一礼するなえなの=2022年6月25日

なえなのは、若者から絶大な人気を誇る。球団の狙いははまった。この2日間では、なえなのと一緒に応援できる女性限定応援シートを発売。約1000枚のチケットが売れた。そのうち6~7割は初めてや、数年ぶりに楽天生命パークを訪れた人たちだった。「やはり10代の割合が普通の試合よりも圧倒的に高くて。やはりそこはすごい力を感じました」。

★「平成フラミンゴ」と観戦チケット

7月8、9日には、女性2人組の人気YouTuber「平成フラミンゴ」とのコラボチケットを発売。イベント参加券などの特典がつき、完売した。イベントに先立ち、平成フラミンゴは仙台観光の動画をYouTubeに投稿。再生回数は7月3日時点で180万回を超える。

山田さんは「180万人の方に、一気に楽天生命パークの姿を見てもらえるのって、今ではYouTube、テレビぐらいしかないと思う。発信力というのは、これから使っていく必要があるのかなと思います。なえなのさんも平成フラミンゴさんにも来ていただきましたけど、若い層に人気な方だったり、イーグルスファンを増やす、好きになってもらう有名な方を増やすというのは、やっていきたいなと思います」。

姉妹で応援=2021年3月26日

姉妹で応援=2021年3月26日

球場の特徴も集客につながっている。楽天生命パークでは、19年からチケットレス、キャッシュレスを導入。楽天IDに基づいた情報から、観客の性別、年代、球場内で何を購入したのかが分かる。膨大なデータが、球団の強みとなっている。

「お客さまには『こういうイベントに来てほしい』というのは、メールだったり、アプリとかでご案内できる。例えば10代の女性だけにメールを送りたいとか、そういう使い方もできるので、ターゲットにピンポイントで情報を届けられるようになっています。今回来てくれた初めてのお客さまにも、積極的に伝えていこうかなと思っています」

女性や若者へ向けてのイベントを企画し、それを積極的に発信。あの手この手で、プロ野球を、女性ファンを盛り上げている。