1920年(大正9)に始まった箱根駅伝。日刊スポーツが紙面で初めて報じたのは第23回大会。大会ごとの成績を写真とともに振り返ります。また名場面、名選手の写真特集をまとめました。


◆第96回箱根駅伝

◆東京国際大V 筑波大26年ぶり/箱根駅伝予選会


【第41回大会】日大が中大の7連覇阻止 順大は小出主将

【第40回大会】中大が大逆転で6連覇、裸足で力走するのは?

【第39回大会】順大・沢木、中大・碓井ら名選手が走る

【第38回大会】中大が4連覇!寒さ対策はどてら

【第37回大会】中大はエース横溝が力走!大会新で優勝

【第36回大会】史上初の11時間台!中大が9度目のV

【第35回大会】前年12月には東京タワーが完成

【第34回大会】選手の好走に日大・森本監督も伴走車から笑み

【第33回大会】日大が戦後初、通算7度目の優勝

【第32回大会】中大が2年連続7度目の優勝

【第31回大会】日大はボストンマラソン優勝の田中茂樹が出場

【第30回大会】早大のアンカーが意識朦朧とする中……

【第29回大会】中大が新記録で2年ぶり5度目の優勝

【第28回大会】早大が振り切り18年ぶり8度目の優勝

【第27回大会】中大が9区間で区間1位、2年連続4度目の優勝

【第26回大会】映画監督の篠田正浩氏が早大の2区で出場

【第25回大会】明大が7度目V、高松宮さまが観戦

【第24回大会】中大が1区からトップを譲らず2度目のV

【第23回大会】戦後初開催は明大が6度目の優勝


(1)Qちゃんの恩師も!沿道を沸かせた往年の名選手たち

(2)足袋を履き山を登り、裸足で区間賞、大応援団が後押し


第56回箱根駅伝 早大・中村監督(車上の前方右)の指導を受けて花の2区を快走する瀬古利彦(1980年1月2日)
第56回箱根駅伝 早大・中村監督(車上の前方右)の指導を受けて花の2区を快走する瀬古利彦(1980年1月2日)
第86回 往路5区 明大・久国公也(後方)を抜く東洋大・柏原竜二。6人抜きを達成し自身の持つ区間記録を更新。チームを往路優勝へと導いた(2010年1月2日撮影)
第86回 往路5区 明大・久国公也(後方)を抜く東洋大・柏原竜二。6人抜きを達成し自身の持つ区間記録を更新。チームを往路優勝へと導いた(2010年1月2日撮影)